FC2ブログ







一陽来復

今日は19年に一度の朔旦冬至ですね。



冬至は一年中で昼が最も短い日。
この日から日足は徐々に伸びていくので、
昔の人は「一陽来復」として祝ったそうです。



一陽来復は中国の「易経」に出てくる言葉で、
衰えていた太陽の力が再び勢いを増してくることから、


新年が来る。
悪いことが続いた後に幸運に向かう。


こんな意味があるそうです。



そのため、何か新しいことをスタートさせたり
良くないことが続いている人でも、これからどんどん良いことがやって来るぞ!と
気持ちを切り替える日に相応しい日なのだとか。




とてもいい日ですね!


スポンサーサイト



[ 2014/12/22 22:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://divastaff.blog.fc2.com/tb.php/1294-a51879cf